スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『これが例のドローンですか?』と聞かれた!!

先日フライとしていたら、80歳過ぎくらいの元気なおばぁーちゃんが近寄ってきて、『これが例のドローンですか?』と聞かれた。
今まで見向きもしなかったような方から色々質問される。随分有名になった様です。
以下の引用記事は本日Webで見た毎日新聞です。


ドローン:「飛行にモラル必要」7社が出展 静岡の見本市
毎日新聞 2015年05月14日 20時33分

 国内最大級のプラモデル見本市「静岡ホビーショー」が14日、静岡市駿河区で開幕し、7社が小型無人機「ドローン」を出展した。自民党が規制法案をまとめるなどドローンによる事件や事故への懸念が膨らむ中、業者らは飛行上の注意やモラルを守るよう呼びかけた。

 価格は5000〜45万円と幅があり、飛ぶだけのものから空撮専用のハイビジョンカメラを搭載できるものまで多種多様。主催の静岡模型教材協同組合によると出展は2011年から徐々に増え、今年は過去最多だ。

 会場では、日本ラジコン模型工業会などが保険加入や安全管理、搭載カメラによるプライバシー侵害への注意などを文書などで呼びかけた。同会の鈴木明久会長(62)は「将来性のある商品だけに、正しい発展とモラルある使用者の育成が必要。行政は機体登録や保険加入などを義務付けてほしい」と望んだ。

 11年から毎年出展している総合模型メーカー「京商」の岸本晃一執行役員(56)は「簡単に誰でも操縦できるようになった分、法的な規制なども考えなければならない」と話す。秋田市の模型店店主、中村薫さん(51)は「お客さんに安全性への配慮を一層呼びかけたい」と語った。

 静岡ホビーショーは17日までで、16日からは一般客も入場できる。【荒木涼子】


東京都を初め各地の自治体が公園などでのドローン飛行禁止の動きを見せています。公園などにドローンを持ち込むことを禁止するところもあるようです。
我々は危険飛行や迷惑飛行をする一部の人たちと一線を画し、純粋なるマニアとして広く認識頂くための活動を積極的に行うべきと考えています。
若い頃仕事や家庭の事情でやむなく諦めていたRCの夢を、定年退職を機にやっと再会できた方も沢山居られることと思います。私もその一人です。
生涯追い続けたいと願うこのロマンを奪われることのないよう、安全飛行を遵守し、またこの啓蒙活動を広く情報発信していきたいと考えています。
RCマニアの方、新たに始めたいと考えている方、私達と一緒に研究してみませんか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

飛行場所に気を使う

官邸事件以来、飛行場所にやはり、気を使うように、なりました。私も、飛行時にいろんな人から質問されたりします。かなり、皆さん興味深く思われてるみたいです。安全に、極力、人の居ない海岸とかで飛行させてます。

ゆいつの、楽しみです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。